明日の手前少し前。

今日の終わり明日への片道切符。

蓄積り逝くモノ

兎に角イラつく

突き抜ける価値もなく

無駄にする意味もない

 

意図はあるが

価値はない

 

若気の至りもなく

過ぎゆく日々に憤るばかり

 

抜け落ちたがさつきに

イラつくばかりの自分自身

明日も明後日も何も変わらない

昨日だって一昨日だって

 

同じだったろう?

 

振り返る度に

失ったものを知る

まざまざと見せつけられる

悲しいばかりの結末を

 

ただ重ねるウソや見栄を

摘み上げることで、薄っぺらい

玉座に座る王様に

 

気付けばなっていたんだろ