明日の手前少し前。

今日の終わり明日への片道切符。

拾う者と捨てる物

何処にいても多分同じようなことをする。

繰り返すばかりの崩れ去る日々よ。

明日は必ずくると思い込んではいるが、

明日が来なければと思う日々もあり

 

ただそこにいるだけで

なにも出来ず

たた息をするだけで

死んだような人たちもいる。

 

巧みに罠を仕掛ける人や

作り笑いで築いた地位に奢る人。

溢れ返る下らない駆け引きに

僕らばかり馬鹿を見るのは何故だろう。

 

余りある未来を

悲観するならば先はそれ程永くはない

短い針を追うばかりでは、

見えるものまで見えなくなるだけ。

 

何かを切り捨てれば

何かが見えてくる

そんな都合の良い話があるものか。

 

先は長い

そして先は短い。

 

明日はもうそこまで。

捨てるか。

拾うか。

 

まだわからない。