読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の手前少し前。

今日の終わり明日への片道切符。

或る夜に。

見限られた野良猫が、虚しく爪を研ぐ。

反抗かう機会などあれど

見せぬままのか弱い爪を。

 

過ぎさることで、乗り切ろうとする度に

積もるばかりの苛立ちと憂鬱に

いつか鉢合わせるのもわかりつつ

 

今はまだその時ではないと

繰り返す言葉に魂などない。

 

或る夜に

思い出すばかり。

栄光の日と

最悪の日を。

 

そのどちらでもなく

そのどちらもない

 

今は過ぎ去るばかりで

形さえ絵描けない。

 

右手にもったブラシには

絵空事を描くキャンバスがない。

 

或る夜に。

猫が居た。