明日の手前少し前。

今日の終わり明日への片道切符。

クソみたいな小さな世界。

朝起きる。

痺れのある右手を握りしめて深い溜息をつく。

不快な火曜日。

 

いつもと同じ道を転がり

いつもと同じ箱に揺られ

いつものように流れ出る。

 

この街に大概の時間を蝕まれ

費やす。

 

くだらない代償をうるために。

 

クソみたいな社会。

クソみたいな人達。

 

今はこの場所で、負けたふりをする。

釘まみれのバットを隠し持ち、その時を待つ。

 

刻む時に流されるままに、ただこの場所で生きる為に今は存在している。

 

遠くにあるはずの光を、期待しながら。

存在している。

 

このクソみたいな社会で。