明日の手前少し前。

今日の終わり明日への片道切符。

不透明度

中間に漂う気泡のような

曖昧な不透明度で

進行している

 

灯る火は

あとどれだけ燃え続けるのか

ふっと明日、いやこの瞬間に

極弱い風に吹かれて消えるやもしれない

か細い灯火

 

誰しもが

希望と期待を日々抱き明日を待つ

透かし見れば 

安いっぽくみえる明日でさえ

180度変わって見える何か

 

それを待っている

 

それを探してる

 

明日の中に

未来の中に

 

蓄積り逝くモノ

兎に角イラつく

突き抜ける価値もなく

無駄にする意味もない

 

意図はあるが

価値はない

 

若気の至りもなく

過ぎゆく日々に憤るばかり

 

抜け落ちたがさつきに

イラつくばかりの自分自身

明日も明後日も何も変わらない

昨日だって一昨日だって

 

同じだったろう?

 

振り返る度に

失ったものを知る

まざまざと見せつけられる

悲しいばかりの結末を

 

ただ重ねるウソや見栄を

摘み上げることで、薄っぺらい

玉座に座る王様に

 

気付けばなっていたんだろ

grid the line

道を照らせ

 

道を刻め

 

進むべき道を

 

頼むから

 

教えてくれ。

 

線引きなどいらない

 

明確な白黒もつけなくてよい

 

ただ

 

僕らが進むべき道をを

 

ただ

 

照らせ。

或る夜に。

見限られた野良猫が、虚しく爪を研ぐ。

反抗かう機会などあれど

見せぬままのか弱い爪を。

 

過ぎさることで、乗り切ろうとする度に

積もるばかりの苛立ちと憂鬱に

いつか鉢合わせるのもわかりつつ

 

今はまだその時ではないと

繰り返す言葉に魂などない。

 

或る夜に

思い出すばかり。

栄光の日と

最悪の日を。

 

そのどちらでもなく

そのどちらもない

 

今は過ぎ去るばかりで

形さえ絵描けない。

 

右手にもったブラシには

絵空事を描くキャンバスがない。

 

或る夜に。

猫が居た。

道標

別れている道は

平坦な道などなく

右手にも

左手にも余るばかりの険しい荊

 

その中にわづかに漏れる光に

群がるように

気づけば救いを探していた

 

その先に見える光が

なんなのか?

わかるわけもない僕らは

 

今はその光が

道標に見える。

 

後悔をし続けるのが人生ならば

また一つ後悔が増えるくらい

なんとでもないだろう。

 

そう

言い聞かせれば

その道を行く

立派な理由になるだろう

 

 

ダンスインザミラー

鏡のように映し出す

裏と表が、違うように

 

まるで鏡のように映るのは

虚い易い日々といっぱいいっぱいの心。

 

窓際に飲み捨てられた

発泡酒の空き缶みたいに

不快で情けなく

阿呆らしい

 

鏡の上で、踊る僕たちは

また明日も靴を磨くのだろう

裂け目

塞ぐべきか

こじ開けるべきか

 

何にせよ

口笛吹きながら歩ける道なりはない。

 

ただ開いている

光が漏れている

希望にも見えるようで

絶望にも感じる

 

その先に行くべきか

 

何フレームか思考が止まり

 

緩やかにフェードしてくる意識

 

 

見上げれば

まだ裂け目は有るがままに

口を開けている。