明日の手前少し前。

今日の終わり明日への片道切符。

ヤバイヤツ

久々に見つけた。

ヤバイ奴。

 

前からおかしいとは思ってはいたけど

ここまでか?

すごいよ。君。

 

ヤバイよ。

 

僕が死んだら

自分の評価が下がるから心配。

僕が死んだら

会社がなくなってしまうかもしれないから心配。

 

そんなこと

僕に面と向かって言えちゃう

君は

 

本当にヤバイぜ。

 

 

背くは見えざるとはまた異なるわけで。

目をつむり

深呼吸する。

動悸は早く、不摂生や衰えを覚える。

 

いつか仲間と話した未来は

青い色で潰された。

現実にもがきながら、いつまでも

あの頃のように

いつかなし得る時がくるのだと

浅はかな夢を、抱き寝る。

 

繰り返す絶望の朝と

根拠のない思い描く未来。

 

明日は近い。

まだ俺にはどちらの準備もできていない。

月も満ち欠けるが如く

喉まできてる

解放されることのない汚い言葉達。

場を離れれば、解消されぬままなれど

発せられる悲しき思い。

 

何処まで行こうとも

時代が変わろうとも

僕らは飲み込んで来た。

 

まだだ。

 

吐き出すと気は今でない。

時は近い。

 

月も満ち欠けるが如く。

差さない光

導かれるように

歩いてきた道でもない。

 

成り行きで来たような 

人とは違うことを探して、なんて名目の上に

楽な方、楽な方へと

流れてきただけ。

 

つまらない人生ではないけれど

思い描いたそれとは

まるで違う。

 

大切なものはいくつか

育んだけれど

 

差さない光を待ち続けて

 

いつまで空を見上げるつもりだろうか。

つきあたり。

 

とどのつまり

手も足も出ない。

 

四面楚歌。

 

でも期待する

何かが起こって

何かが俺を救ってくれるって

 

何かってなんだよ。

 

何かなんてない。

壁があるだけ。

 

高い壁ではない

崩すことだってできるだろう。

 

ハンマーを探せ。

生きてきた道を辿り、ハンマーを探せ。

 

道はない。

壁に向かうだけ。

どこまでも

いつも

振り返る。

 

あのとき

どうしてこうしたのか

 

あのとき

なぜこれを選んだか

 

どこまでも続く道

果てしない道のりの道中に

小さな幸せと大きな荷物。

 

場所はどこでも同じ

プライズなど期待するな

地球滅亡を計算に入れるな

 

明日はくる

終わりがくれど始まりはある。

 

どこまでも果てしない

道はただ

お前の為に続く。

 

悲しいけれど。

頼りない盾がある。

誰を守れる?

自分さえ守れない人が持つ盾に

何を期待しろというのか。

 

言葉に傷つき

言葉で傷つける。

 

誰かを憎み、殺めるまでの憎悪を

心に感じても

その先には歩めない

 

盾はそこで強くなり

自分を殺める。

 

どうにもならないことばかりで

どうにもしない。

盾に身を隠し、偽りながら生きていく。

 

仕方ないと

誰かを憎みながら

陰口を刻みながら

生きていく。

 

いっそ盾で殴り倒したい気持ちばかり。